新着記事

2016年02月26日

高倉健さんの「2.26」

今日は、日本歴史に残る2.26事件の日ですが、お堅い話ではなく映画の話をしたいと思います。(^-^)

一昨年、永眠された名優 高倉健さんですが、2本の「2.26事件」関連映画に出演されてます。

1本目は、事件時の首相脱出にフォーカスした「2.26事件 脱出」(監督:小林恒夫 共演:三國連太郎ほか)。

建さんは、反乱軍側の将校役ではなく、首相脱出に尽力する憲兵役。白黒映画から伝わる緊迫した雰囲気の中、2.26事件をスリリングに描くエンターテイメント作。若き日の健さんが格好良く、結構、名作なんですよね〜。

2本目は、吉永さゆりさんと初共演した「動乱」(監督:森谷司郎、共演:吉永さゆりほか)。

ここでの、健さんは、反乱軍の首謀者である宮城啓介を演じています。薄幸の女性「薫」を演じる吉永さゆりさんの名演、「八甲田山」でタッグを組んだ森谷司郎監督の重厚な演出と相まって、傑作に仕上がってます。2部作の時間の長さを全く感じさせません。


いずれの作品も2.26事件を描いているから、当然、雪のシーンがありますし、
健さんと言えば、やっぱり「雪」のイメージがありますよね〜。(^-^)
(ちなみに、健さんは福岡県出身、九州男児!)

「八甲田山」、「南極物語」、「鉄道屋(ぽっぽや)」などなど、寡黙な健さんには
「雪」がお似合いです。

初期の代表作「網走番外地」も、雪のシーン多かったですね。
ちなみに、網走番外地の主人公「橘真一」は、"長崎県出身"っていう設定です。

と、2.26にちなんで、長々と書いてしまいましたが・・、商品の写真を撮り忘れたんで、いつもの紹介記事はございません・・。(^-^;)

ここまで読んだ人には、申し訳ないですm(_ _)m